善いこと良いもの-エコロジー、社会編

Better World, Better Life

このブログにいらした方は 是非毎回

クリック募金のページにも いらしてみてください

クリックするだけで 企業や団体が 世界各地に寄付してくれます

世界の誰かが少し助かり あなたの愛がちょっと増えます ☆


クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金

 

各記事下のAdsリンククリックによる収益は

改善活動資金に充てられます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

地球危機2008の内容 2

○砂漠化・乾燥とアメリカ

 

(番組のアフリカロケ全般に鈴木亮平という若い俳優が出演)

 

☆サハラ砂漠(日本29個分の面積)のあるモーリタニア(国)の映像。 

シンゲッティという、町ごと世界遺産に登録されている

かつてのオアシスの町が、温暖化で砂に埋もれ消滅しつつある。

住むのが難しくなって人口2万人から2千人に。

 

14歳ですでに子供が二人いる女性の家や町の様子。

常に砂との戦い。
飲み水にも砂が混じる。

朝食は、スイカの種をつぶしてお湯にといたもの。 それにも砂が混じる

干ばつが最大の原因。
30年ほど前から。

 

・地球上の砂漠は、赤道を挟んで南北に帯状に点在。

 

この配置には地球規模の大気の流れが関係:
赤道付近では湿った空気が上昇して雲が出来、雨が降る。

雲が発生すると、大気は熱を持ち上昇、

それが上空で赤道から遠い方に動き、

暑く乾いた空気が下降する場所に砂漠が生まれる。


地球温暖化で、赤道付近でより多くの水蒸気が雲になり、さらに熱が発生。

より暑く乾いた空気が上空で巡って(赤道から離れた場所に)下降し、

いっそう雨が降りにくくなる。

 

 

☆ケニアの映像。

乾燥。

アフリカ象が人間を襲い始めている。


雨期でも雨が減り植物が枯れ始めている

ー> 象は畑を狙う ー> 凶暴化して人間を殺す象も。


象は気配を消して近づく。人間を避ける内に夜行性になった。

走ると時速40キロ。
象を撃ち殺すのは禁止されている。
人々は、高圧線と火がついた棒で防御。

 

政府が、人里離れた食料豊富なサバンナに象を移送するプロジェクトを

行っている。

14年前から500頭を超える。ヘリで麻酔銃。トラックで移送。

 

ケニアでは人口も急激に増加中。

 

 

☆アメリカの様子。


・ブッシュが2001年に

「京都議定書は現実的でない。科学的根拠に基づいていない。」
と言っている映像。

発言の陰に政府の後ろ盾となる企業や権益団体。

 

・NASAゴダード宇宙研究所所長 ジェームズ・ハンセン博士:

1980年代から、地球温暖化の危険性を政府に訴えてきた。
だが目に見えぬ圧力が存在した。

 

「議会で証言する科学者は、内容をあらかじめ

政府に提出しなくてはならない。

その内容が知らないうちに修正・改ざんされた。」

 

改ざんされた証拠文書の映像。

 

・政府気候変動調査機関職員リック・ピルツ博士:
90年代半ばから政府の気候変動問題に取り組む。

書き換えられた報告書に愕然。

「あれはでっちあげ。」


・アメリカ政府の意志は

「温暖化の規制もCO2の排出制限もしない」というもの。

ブッシュと共にいるチェイニー副大統領、ラムズフェルドらネオコンの映像。
その背後にいる石油メジャー。


上記ハンセン博士

「化石燃料が問題を起こしているという事実は

彼らにとって都合が悪かった。

石油業界にとっても不都合な真実。」

 

 

・CO2排出大国のアメリカに天罰。竜巻の映像。

世界で竜巻の最も発生が多く、年平均1200件だが、

今年は今までにない頻度。

 

5月までで1年分に迫る1000件越え。死者120人。
温暖化によって発生時期が早くなっている。

 

例年発生が多いのはアメリカ南部から中西部。

(大気の流れの構造から。)

 

中西部では今年6月に大洪水も。死者24名。被害額45億ドル以上。

アメリカは矛盾の多いバイオ燃料政策を掲げている。

 

「人間は自然の一部。自然そのもの。 

一方で、人間の親元である自然から、資源を取るだけ取って

儲けるだけ儲けているごく少数の連中が地球を支配しているのは

おかしな話ではないか。これが現実。 

 

最も尊い生き方は、地球の摂理と調和して、

質素に慎ましやかに生きている人たちだということを、

私たちは知っているはず。 

 

そういう私も今まで、うまいものを食いたい、

排気ガスをまき散らして遠くに行きたい、

という生き方をしてきた。

しかしもう遅いぐらい。意識を変えなくてはいけない。 

私たちを覆っている中毒の中でも一番ひどい中毒は、

石油中毒・ガソリン中毒。

今からでも石油の元栓を閉めれば、CO2の問題は解消されていく。

それが現実には出来ない。

 

できないなら、緩やかに元栓を閉めるべく、

砂漠地帯に徹底的に太陽光パネルを貼る。

 

そこから電気を取って、世界中電気自動車が走るように、

徹底的に政策施策を変えていく努力を

可及的速やかにやらなきゃいけないところにきている。」(古館アナ)

[ 2008/07/13 ] | その他エコロジー | TB(0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoikotoyoimono.blog46.fc2.com/tb.php/74-d446d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

tsuuro

Author:tsuuro
このブログは、善いこと・良いもの・エコロジーなどの情報の通路です。ちょっとだけスピリチュアルなことも。
地球をもっと良い場所にしましょう。
良いことは周りにどんどん伝えてくださいね。

カテゴリー

このブログを
QRコード

QR

ブログ村クリック

こちらにも日々広めてね

にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dance & Clock

世界に愛を

 

 

ナノカーボン 塗るだけで電気代節約

家中の電気製品や車・バイクを改善

一度塗るだけで効果が持続    当ブログ”その他エコロジー”に記事あり

ベストセラー
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。