善いこと良いもの-エコロジー、社会編

Better World, Better Life

このブログにいらした方は 是非毎回

クリック募金のページにも いらしてみてください

クリックするだけで 企業や団体が 世界各地に寄付してくれます

世界の誰かが少し助かり あなたの愛がちょっと増えます ☆


クリックで救える命がある。 イーココロ!クリック募金

 

各記事下のAdsリンククリックによる収益は

改善活動資金に充てられます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

今日のオーラは (視聴後追記あり)

今日の”オーラの泉”は

石田純一さんの息子、いしだ 壱成(いしだ いっせい)さんです。

 

予告で、壱成さんが江原啓之さんにハグされて泣いていたり

壱成さんの真剣・深刻な表情が映っていたりと

 

なかなか中身のある、見応えのある回になりそうです。

 

今初めて彼のブログを見てみましたが

精神状態が昔よりだいぶ良い方に変わられたようで

良かったです。

 

いしだ壱成 オフィシャルブログ


☆☆☆ 視聴後追記 ☆☆☆

前回の予告には、以下のようなやりとりがありましたが

編集でカットされたようですね。

 

--------------------------------------------------------

言うべきか言わざるべきか考えている江原さんに対して

美輪さん

「スッキリはっきり、遠慮なしにおっしゃった方がいいですよ。」

 

それを受けて、江原さんが壱成さんに対して

「壱成さんはどう?」

 

壱成さん「はい」

 

美輪さんが江原さんに対して

「この人(壱成さん)ねえ、いい度胸してるの」

--------------------------------------------------------

 

これは、今回放送された真摯なやりとりのすぐ前の部分かもしれません。

 

これ以外の部分で、途中 かなり編集で飛んだな と思われるところがありましたが

中身がたくさんある回にはよくあることですし

プライバシーへの配慮もあるでしょうから、仕方ないですね。

 

多くの人へのメッセージとして役立つように編集するのが

番組の役割上も当然のことでしょうし。

 

美輪さんと江原さんが、これだけ個人的な思い(心配)をもって

真摯に対した回も、珍しいと思います。

 

今回のような、良い方に行くかどうかの岐路 とは違いますが、

 

前世が殉教者や修行者で 俗世に慣れず殻の固かった須藤元気さんに

美輪さんのリードで 美輪さんと江原さんと三人で手をつないで輪になり

「テクニックじゃないの。愛なの」(美輪さん) と

 

愛を送りながら教え、

須藤元気さんがそのエネルギーで ポーっとなって

殻がはずれて顔つきが変わった回や

 

前世で流浪の暮らしをして 愛を信じられなかった

ラルク アン シエルのtetsu(テツ)さんの回を

今思い出しました。

 

このお二人も、出演後により良く 幸福になられたようで 良かったですね。

[ 2008/07/19 ] | ちょっとだけスピリチュアル | TB(0)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoikotoyoimono.blog46.fc2.com/tb.php/91-4868d329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

tsuuro

Author:tsuuro
このブログは、善いこと・良いもの・エコロジーなどの情報の通路です。ちょっとだけスピリチュアルなことも。
地球をもっと良い場所にしましょう。
良いことは周りにどんどん伝えてくださいね。

カテゴリー

このブログを
QRコード

QR

ブログ村クリック

こちらにも日々広めてね

にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Dance & Clock

世界に愛を

 

 

ナノカーボン 塗るだけで電気代節約

家中の電気製品や車・バイクを改善

一度塗るだけで効果が持続    当ブログ”その他エコロジー”に記事あり

ベストセラー
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。